初恋の思い出

私の初恋は中学1年生の時でした。今まで人を好きになったことはなかったのですが、一目惚れを経験しました。初めて顔を見た時に、ドキドキしたことを覚えています。同じクラスの人で、その日から学校へ行くことが楽しみになりました。授業もすごく楽しい気持ちで受けていました。話しかけることは出来ないと思っていましたが、遠くからでも見ているだけで幸せな気持ちになったのです。これが恋なのか何なのかわからないトキメキ感を感じていました。ある日、その人から話しかけられたことを今でも覚えています。初めて名前を呼んでもらえた時にびっくりする位幸せな気持ちになりました。ジャニーズ系の顔の人だったので、私以外にも好きな女の子は沢山いて、ライバルが多い人だったので誰にも言えなかったけれど大好きでした。その人が他の女の子と話していると、嫉妬心が湧き悲しい気持ちになることもありました。でも、その人があだ名で名前を呼んでくれたのは学校で私だけだったので、もしかして特別だと思われているのかなと感じていたのです。告白も出来ないまま時間だけが過ぎていきました。1年が経ち、クラスが離れてしまい遠い存在になってしまいました。とうとう告白も出来ないまま卒業してしまったけれど、今でも甘い思い出です。


ホーム RSS購読 サイトマップ